Hush and the endroll

漫画、小説、音楽、サウナの雑記

Happy Rebirthday to …

2月18日は誕生日だった。

満32歳。

いい歳したおっさんに片足突っ込んでるが、不思議と何歳になっても誕生日は嬉しい。

恥多き人生だけど何とか生き残れた。

 

ということで17日に横浜のスカイスパのプレミアムルームを予約して、18日は有給を取りそのままスカイスパから錦糸町楽天地に行く事にした。

 

f:id:emopoi0218:20200219235422j:image

 

初めてスカイスパ、入口から良い匂いがして、よく見る入口の壁にテンションが上がって思わずパシャり。

 

早速チェックインして、浴室へ。

そして体を洗いサウナへ。

 

おぉ〜これはもう雰囲気でやられる…

広々とした空間に鎮座するサウナストーブ2基、控えめに流れるJPOPのオルゴールver.、大き開口で人々がイメージする「横浜の夜景」を見事に切り取った窓、全体的に漂うヴィンテージな雰囲気…

 

「俺は今日こんな素敵なサウナ室で誕生日を迎えられるのか!」

と密かにテンションが上がる。

 

サウナ室自体は温度では無く、湿度でがっつり体を熱くさせるようなセッティング。

途中オートロウリュもあり(結構デカい音で最初驚いた)、常に熱々の状態を楽しめる。

 

f:id:emopoi0218:20200220000317j:image

 

21時からのアウフグースに参加、担当は加藤さん(箸休めサトシさん)。

ロウリュは控え目だけどその分タオルを使ってかなり丁寧に撹拌、音楽に乗せて華麗なタオル捌きを見せてくれる。

計4杯かけたけど、1杯毎にアロマを変えていきしっかり長い時間撹拌するからアロマの匂いも変に混ざらず、どの香りもしっかり楽しめる。

 

流石に最後は辛そうだったけど、最後まで力強く、心地良い風を浴びれた。

あざす。

 

f:id:emopoi0218:20200220000804j:image

 

その後は食堂で390円のコーラの量に震えながら過ごしました。

来た瞬間ちょっと笑った。

 

疲れからウトウトしながらも24時前に再び浴室へ行きサウナへ。

座りながら何も考えるで無くボーッと横浜の夜景を眺める。

思考の分断。

視覚的情報を完全に景色として捉えて、何もそこから考えない。

そして程なくして24時のアウフグースが始まる。

という事は横浜の夜景を眺めながら32歳を迎えた。

 

月曜の深夜、流石に人は少なく10人程度。

青リンゴのアロマが凄い好き。

撹拌中に思い切り息を吸ったらくそむせた。

しっかりロウリュもしてくれて熱々。

熱いけど辛いという感じは無い

無理なく汗が絞り出される感じがする。

 

アウフグース終了。

多分15分ぐらいサウナに入ってた。

しっかりと水風呂に浸かる、だんだんと手足の感覚が無くなる。

浮遊してる、クラゲみたいにゆらゆら水中で浮遊する感覚。

堪らない。

 

そして休憩せずもう一度サウナへ。

31歳の自分と同じ席で、同じ窓から、同じ世界を覗き込む。

何も変わらない。

歳をひとつ重ねた所で、俺が変わらなければ世界も変わるはずもない。

15分間のタイムスリップ。

走る車のライトが等間隔に瞬いては消えていく。

 

誕生日プレゼントかの如く貸切のサウナ室、この時だけは静かに楽しもう。

 

f:id:emopoi0218:20200220002009j:image

 

プレミアムルームはイビキのオンパレードだったけど、ノイズキャンリングイヤホンのおかげでかなり気にせず寝られた。

 

10時過ぎ、遅めの起床。

サウナに入り過ぎたせいか体が少し怠い。

 

水を飲んでゆっくりタバコを吸って10時半の清掃終了後、再びサウナへ。

 

明るい時間に見る横浜の景色は、数時間前の幻想的な風景とは全然違くて、意外と人間味があった。

 

f:id:emopoi0218:20200220002346j:image

 

チェックアウトギリギリの12時までしっかりと満喫。

少し気怠い体を引き摺りながら横浜を後にして、錦糸町に眠りながら電車で向かった

 

つづく

 

 

いつまでも嫌われ者の僕たちでいようね

f:id:emopoi0218:20200217000710j:image

 

生きることは難しい。

厳密にいうと平穏に生きることが難しい。

全人類が俺になったら世界は滅茶苦茶だろうけど、少なくとも平穏には生きていけそうだ。

誰もお互いに干渉せず、みんながみんな好き勝手に生きるだろうから。

だけど現実は俺という人間はこの世に1人しかいなくて、残りの約66億人は殆ど見知らぬ他人だ。

 

だから俺の幸せは誰かの不幸せにもなるし、

俺の不利益が誰かの利益になったりする。

ゼロサムゲーム。

だからきっと世界平和なんて一生訪れないし、

心の底からサウナが世界平和に繋がるって思ってる人がいるなら教えて欲しい。

俺はそっと貴方から離れてくからさ。

 

f:id:emopoi0218:20200217001354j:image

 

コミュニケーションは難しい。

よく「相手の気持ちになれ」っていうけど、なったところで何も解決しない。

性格や育った環境、思想、全てが違うんだから相手の気持ちを考えたところで自分の思い通りなレスポンスなんて皆無だ。

 

俺は極力、他の人を気にしないようにしてる。

元々は気にしいだったけど、ある日を境にそうした所で結果は変わらないと気付いて、自分が好きに発言するようになった。

これを評価してくれる人もいれば、疎ましく思ってる人もいるのは知ってる。

 

でも気にしない。

それが1番精神衛生的に楽だから。

批判されても自分の事を知ってる人からだったら真摯に受け止めるけど、俺のことを知らない人の批判なんて道端のゴミみたいなもんだから全く気にしない。

 

f:id:emopoi0218:20200217002336j:image

 

だけど時に言葉は目に見えないナイフのようなもので、真綿で締め付けるかのように蝕んでいく。

 

俺の言葉で傷ついてる人もいるだろう。

俺の行動で傷ついてる人もいるだろう。

俺の思想で傷ついてる人もいるだろう。

 

知ってるよ。

 

気にしないようにしても、それは蛇口から滴る水滴のように心のコップに少しずつ貯まっていく。

そして気付かぬうちにそれは捨てる事が出来ないぐらいまで溢れ返ってた。

 

自分の軽率さ、身勝手さ、愚かさが嫌になる。

 

自分の矮小さは俺が1番知ってるさ。

本当は弱いのに、強がってるだけなのは1番理解してるさ。

 

f:id:emopoi0218:20200217003134j:image

 

それでも俺が今ここで全てをひっくり返してしまったら今まで傷つけた人達に申し訳が立たず、何より今日までの俺自身が報われない。

 

だけどいつの日か理論武装も何も持たない自分でも穏やかで平穏な日が来る事を願ってる。

 

だからその日まで嫌われ者でいよう。

 

つづく

Why couldn’t I say the Last goodbye to 草加健康センター?

過去1番行ってるサウナは何処か?

と聞かれればぶっちぎりで草加健康センターだろう

 

f:id:emopoi0218:20200216022813j:image

 

一昨年の冬か春頃に初めて行って、そこからコンスタントに来てる。

何が良い?って聞かれれば「全て」としか言えない。

 

お風呂も草津の湯、高濃度炭酸泉、薬湯、ジェットバス、白湯…どれを切り取っても高レベルだし、水風呂も露天スペースにあって15度台のバイブラでキンキンに冷えてるし、サウナは30人以上は裕に入れる広さで2基のストーブで熱々ながら湿気も適度にあり安定して満足出来る。

 

そして草加健康センター名物のロウリュは

・爆風ロウリュ(ブロワーを使ったロウリュ)

・静寂のロウリュ(TVを消し、照明を落として、音楽を流す)

・セルフロウリュ(時間限定)

・暁のロウリュ(早朝のロウリュ)

と4つもある(実は暁だけは朝起きれず受けた事ない)

 

f:id:emopoi0218:20200216024025j:image

 

俺が草加に行き始めた頃、爆風ロウリュは3人とかしかお客さんが居なくてあっさり終わってた。

それが今では満席、座れずに待ちが出るなどほぼ常に大賑わいの状態で、それは静寂のロウリュも同じ。

確かにサ道が始まる前から徐々に人は増えてきてたけど、サ道後から明らかに人が増えた。

それは凄い良い事だ。

お客さんの新陳代謝が進めばそれだけ持続可能な店舗運営にも繋がるし、より質の高いサービスの提供にも繋がると思ってる(実際今でもサービスの質はかなり良い)。

 

f:id:emopoi0218:20200216025357j:image

 

ただ1つ苦言を呈するなら、火曜の深夜を除きもう静寂のロウリュは実質的には存在しない。

静寂は失われてしまった。

 

俺は静寂のロウリュが大好きだった。

シンとしたサ室、聞こえるのは微かに響くジャジーな音楽とサウナストーンで水が灼ける音だけ

暗い空間の中、触覚が研ぎ澄まされて降り注ぐ熱に包まれて、静かにがっつりと汗をかける、沈黙が雄弁に語りかける場所。

 

そんなサウナにはっきり言って救われてたし、

静寂のロウリュのおかげでよりサウナを、草加健康センターを好きになっていった気がする。

大好きだった。

 

でも、今はもう無い。

 

f:id:emopoi0218:20200216030259j:image

 

サ室で別に喋っても良いよ。

きっとこういう所でしか喋れないこともあるし、人に聞かれるリスクはあるけど、サウナだって1つの立派なコミュニケーションの場だ。

 

ただ、静寂のロウリュだけは違うんだ。

静寂のロウリュだけは何よりも沈黙が優先されるべきなんだ。

前口上でお店側も「大人な静かな空間を作りたい、お店側だけでは出来ないので御協力お願いします」って言ってるんだ。

 

だからお願いなんだ、俺にもう1度だけでも静寂のロウリュを受けさせてくれ…

 

f:id:emopoi0218:20200216031350j:image

 

俺が自分勝手なことを言ってるのは重々承知してるし、別に新しく人達や若い人達を否定してるわけじゃない。

俺が過去に縋ってるだけだ。

 

春から広島に転勤になる。

草加健康センターに来れるのなんて両手、下手すれば片手で数えられるぐらいになる去って行く人間の戯言なんだけどね。

 

草加健康センターを嫌いになる事なんてきっと無いんだろう。

思い出もある。

でもその中から静寂のロウリュが消えてしまうのが少し悲しい。

 

誰かが悪いわけじゃない、そう言う過渡期なんだろう。

あえて言うならその流れに乗れない自分が悪い。

草加健康センターは本当に素晴らしい施設だよ。

 

f:id:emopoi0218:20200216032343j:image

 

春までにあと何回草加健康センターに行けるだろうか?

そんな事を考えて、体から香る薬湯の匂いに包まれながら書いてる、老害の日記。

 

 

つづく

 

音による解放を

f:id:emopoi0218:20200211232716j:image

 

6年ぶりぐらいにライブにいった。

envy

日本が誇る叙情系ハードコアバンド。

最後に観たライブもenvyだった気がするけど…

 

朝から埼玉の日高市で祝日なのに仕事して、車で東京戻ってきて何とか6時過ぎに恵比寿駅着。

 

f:id:emopoi0218:20200211232932j:image

 

恵比寿という街、特に理由は無いけど好きじゃない。街に馴染んでる自分が全く想像出来ない。

きっと恵比寿もそんな俺を受け入れてくれるはずもない。

 

恵比寿リキッドルーム、ここも数年ぶりだけど何回か来てるから体が道を覚えてる。

結構好きな箱だけど、館内はiQOS以外全部禁煙になってた。

フィリップモリス社の陰謀を感じるなぁ。

 

f:id:emopoi0218:20200211233641j:image

 

多少時間が押してZEROに乗せてenvyの面々が登場。

突如全く聴いたこと無いフレーズから始まり、その格好良さに一気に鷲掴みされる。

そしてそのまま新譜の1曲目「Statement of freedom」に雪崩れ込む

 

ギター隊3人の轟音に、リズムの隙間を埋めてくベース、手数の多いドラマ、吐き出される無数の悲痛な叫び

 

改めてenvyの凄さを思い知り、肌で感じる。

 

正直、俺は今のenvyの体制に対してアンチな立場を取ってた。

ボーカルが抜けて、その1年後にギター1人とドラムが抜けて、その後ボーカルが戻ってきていきなりギターを2人とドラムを入れて…なんか筋が通ってなくねぇか?

と思ってた。

それでも好きなバンドだから聴いてたけど、当初の新曲を聴いた時に「飛田さんと大陸さんが居ればなぁ…」と思ってしまった。

 

新譜のリード曲が良かったからなんとなくライブに来たけど、来て良かった。

今のenvyのすごさを即理解出来た。

 

そしてそのリード曲「A faint new world 」

もう最高だった。

中盤のキメの連続のところでメンバー全員大暴れ、ボーカルのテツさんが「死生」とシャウトする所で鳥肌が…

 

新譜以外の曲は

「風景」

「左手」

「狂い記せ」

「暖かい部屋」

とかもやった。

 

「狂い記せ」を聴けたのは嬉しかった

「さよならから始まって約束を果たす時が来る、地の果てで知る後戻り出来ないことを」

って部分めちゃくちゃ好き。

 

そしてアンコールはAchicoさんをボーカルに迎えて新譜から「rhythm」

小柄で可愛らしい見た目に反して力強い歌声

高音でも声がブレず芯がある

正直アルバムでは少し怠い印象だったけど、ライブではめちゃくちゃ良かった。

 

そしてアンコールの最後は「さよなら言葉」

ドラムのフィルインからテツさんが「絶滅した信頼へ」と咆哮した瞬間テンションがMAXになった。

 

本当にメンタルがドン底で辛い時、よくこの曲を聴いてた。

ひたすら重く、激しく、吐き捨てられる負の言葉たち

あまりに曲の持つエネルギーが負に振り切れ過ぎてて、逆に救われてた。

 

目の前で繰り広げられる救いの曲

あまりに儚く、美しく、刹那的過ぎて、いい歳して思わず泣いてしまった。

あぁ…音楽ってすげぇんだなぁ…と心の底から思わされた。

 

あっという間の約2時間。

 

轟音に飲み込まれ続けた。

 

本当は新メンバーによる技術的な話もしようと思ったけど、なんか野暮に思えてきたからやめる。

 

f:id:emopoi0218:20200212001329j:image

 

久々のライブ、というよりenvyを観に行って良かった。

自分の変わらぬ芯を教えて貰えた気がする。

また近いうちに観たいなぁ。

 

恵比寿の夜風は冷たかったけど、汗ばんだ体を慰めてくれてるようで、少しだけ恵比寿が俺に歩み寄ってくれた気がしたよ。

 

つづく

願い型紋白蝶が宙を舞う

繰り返す日常、止まない雑音、病んでく悔やんで病んで悔やんでる。

 

f:id:emopoi0218:20200207012401j:image

 

楽しい時間が過ぎて逝くと、その分だけ1人になった時虚しくなる。

何が悪いわけじゃないけど、強いて言うなら俺の心が悪い。

 

蝶の羽のように優雅に舞うタオルの端

鼻腔をくすぐる爽やかな香り

汗がサラサラと流れて、外界と断絶したように肌周りの時間だけがゆったりと流れてく。

 

f:id:emopoi0218:20200207012956j:image

 

今日ゴミ箱自身がゴミになる光景を見た。

逆説的な状況、不思議と洗練されたような光景に見えた。

 

俺もいつかゴミになるし、もうなりかけてる。

でも今日の楽しかった思い出だけでもゴミにならないよう、今日の綺麗に舞ってたタオルの端に乗せるように、蝶の羽に預けて電子の海にそっと流そう。

 

もう更新するために書いてるようなどうしようも無い日記。

 

f:id:emopoi0218:20200207013528j:image

 

つづく

 

 

形而上アクアプレイス旭

朝、今日はとんでもなく酷い1日になる予感に腹をくくってたけど、そのおかげかそんな酷くも無くいい1日だった。(そういう事言うと大抵次の日に酷いことはやってくる)

 

水曜日…何処かサウナへ行こうか。

湯どんぶり栄湯、最近サ室が更に良くなったらしく行きたいけど水曜定休日だしな…

じゃあ安定感あるアクアプレイス旭に行こうか。

 

f:id:emopoi0218:20200205220934j:image

 

初めて来たのはいつだろ?

サウナイキタイとかに登録する前だから2年ちょい前ぐらいだろうか?

頻度は多く無くても、近いうちに必ずまた来たいといつも思わせてくれる大好きな銭湯のひとつ。

 

体を洗ってレモン湯に沈む。

アミアミネットに入ってる大量のレモンが全て輪切りにされてる…!

かなり手間がかかるだろうに、有難い。

効果があるかは分からないけど、そういう雰囲気(環境)を作ろうとしてくれる心遣いがレモン汁と同様に染みる。

気持ちいい…いつまでも入ってたい…温度もちょい熱いぐらいで丁度良い…

 

頑張ってレモン湯から這い出て、天国への階段を登り中2階のサ室へ。

 

入った瞬間、柑橘系の香りが鼻腔を掠める。

なんだろうと思い周りを見るとストーブ前の格子に芳香剤のようなものが…

ハッキリ言うとアクアプレイス旭らしくは無いが、良い香りだから良しとしたい。

人の良し悪しの基準なんて曖昧なもんさ。

 

人もかなり少なく貸切の場面も。

出入りも全然無いから抜群に熱く気持ち良い。

そして笑ってコラえての大工の道具の話がめちゃくちゃ面白い。

家にテレビが無いからサ室内ぐらいでしか見ないせいか、わりかしサウナでテレビは見ちゃう。

まぁ有っても無くてもどっちでもいいけど。

 

かなり熱い。120度近い室温。

10分も入ってられない。

入って2分で汗が吹き出して、8分経つ頃には汗まみれ。

急いで水風呂へ。

 

この水風呂の気持ち良さ、マジで何なんだろうなぁ…

アクアプレイス旭はサ室の熱さ、水風呂の気持ち良さのレベルが本当に高い。

自分に合ってるのかも。

不思議サウナ。

 

ゆったり3セット。

途中で偶然サウナ繋がりの知り合いの方も。

草加以外で会うの初めてだから新鮮…

バイブラ無しの宝湯の水風呂、確かに入りたい

是非実現させて貰いたいです。

 

f:id:emopoi0218:20200205222956j:image

 

しっかり3セットこなしてお暇。

今日はかなり素晴らしいコンディションだったけど腹8分目ぐらいが丁度良い。

台東区…まだまだ知らない銭湯も沢山あるな。

もっと色々と回って、サウナ以外のお風呂もしっかり楽しみたい。

ちなみに明日台東区の銭湯に行くとタオルが貰えるらしいです。

 

f:id:emopoi0218:20200205222940j:image

 

アクアプレイス旭前のこの通り、住宅地と下町浅草と遊郭街吉原の雰囲気が混在しててなんか好きなんだよね。

 

帰りの車でdownyの新曲「砂上、燃ユ。残像」を聴く。

一昨年亡くなったギター青木裕さんの最期の収録作品。

少ない音像の中、神経質に積み上げられるリズム、散文的で聴き取れない声、無機質な楽器の上で1番温度を持つシンセ、めちゃくちゃ格好良い。

3月に出る7thアルバム「無題」(downyのアルバムは全て無題)が待ち遠しい。

生きなきゃ。

 

 

つづく

 

 

 

死んだ君に〜For you who died〜

f:id:emopoi0218:20200204231322j:image

 

世界は冷酷だ。

 

駅のエレベーターは足腰のしっかりしてる人ばかり優先され、満員のエレベーターの側でベビーカーを押す母親、杖をつく老人、怪我をした学生が待っている。

 

電車内の車椅子スペースで悠々と携帯でツイッターをするサラリーマン、気付いてる?

貴方の1m横では車椅子の女性の人が他の利用者の人達の邪魔になって申し訳無さそうに俯いてることに。

 

貴方が鞄を置いてる点字ブロック、その先から白杖を付いてる人が来てるの、ちゃんと分かってた?

俺が声かけたら面倒くさそうに鞄避けたけど、声かけなくても貴方は事前に鞄をどかせた?

 

駅構内だけでも、世界は冷酷や残酷に満ちてる。

 

きっと外の世界はもっと満ちてるのだろう。

 

f:id:emopoi0218:20200204233008j:image

 

ただきっとあの時の貴方達は違う時の俺であるし、あの時の俺は違う時の貴方達なんだろう。

 

見て見ぬ振りをしては、全てが終わってから罪悪感に溺れてく。

自分の正当化に必死なだけだ。

同じ穴の狢、この世界が残酷ならそれは俺が残酷なだけなんだ。

 

差別が福祉や優しさを生む。

 

もう少しだけ自分に対して無関心でありたい。

それだけでもう少し楽に生きられる気がする。

 

誰だって誰かを攻撃したい、陥れたいわけじゃない。

俺らは他人の意見に反対は出来ても、それを主張する権利まで否定するほど偉くは無い。

 

誰もが笑い合える世の中なんて不可能だし、俺の幸せが誰かの不幸になることもある。

取り繕う優しさで相手を保護するぐらいなら、いっそ相手を蹴飛ばすぐらいに徹底的に拒絶したほうが無駄な感情に苛まれずに済むのだろうか。

 

f:id:emopoi0218:20200204234446j:image

 

今日の俺は明日の朝には死んでるし、明日の俺は明後日の朝には死んでる。

眠りとは死に近づく行為。

ヒュプノス(眠り)の兄弟がタナトス(死)というギリシャ神話が語るように、そう考える人も多かったのかな?

 

地上より永遠に届かない、数十年後の死んだ君にいつかこの文章を読んで欲しい。

きっと恥ずかしくなって、馬鹿げてるだろうから。

 

 

つづく